国民病のひとつ|糖尿病は食事に気をつければ改善できる病気

糖尿病は食事に気をつければ改善できる病気

国民病のひとつ

和食

食品選びに関して

糖尿病の食事療法の基本は、エネルギーコントロールと栄養バランスを整えることです。まずは、1日の摂取エネルギーを決めましょう。と言っても、自分で適当に決めるわけにはいかないです。医師や管理栄養士から指示された摂取エネルギーに従います。摂取エネルギーが決まったら、次は何をどれだけ食べるかを覚えることになります。食品選びは難しいと思われがちですが、コツを知れば意外と簡単です。まずは、低エネルギーのものを選ぶようにしましょう。そうすれば、同じエネルギーでも食べられる量が増えて栄養が充実しますし、何よりも食事療法を楽しむことができます。そして、糖尿病を改善するのに最も重要な血糖値が上昇しにくい食品を選ぶことも忘れないようにしましょう。

海藻ときのこを食べよう

海藻ときのこは、糖尿病患者の食事でよく使用されている食べ物です。海藻と一口に言っても色々ありますが、糖尿病に効くと言われているのがひじきです。血糖値を急上昇させないので、毎日の食事にうまく取り入れるようにしましょう。ちなみに、血圧を下げる効果もあるので、糖尿病だけでなく高血圧の予防にももってこいです。きのこは食物繊維が豊富で、整腸作用に優れているだけでなく、血糖値を安定させる働きもあります。とくに、しいたけがおすすめです。もちろん、緑黄色野菜も忘れてはいけません。血圧や血糖値を下げる効果が高いのはもちろん、中性脂肪やコレステロールを減らすパワーも持っています。生活習慣病の予防に欠かせない食べ物です。

このエントリーをはてなブックマークに追加